• 本

朝嵐

出版社名 中央公論新社
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-12-005186-9
4-12-005186-2
税込価格 1,870円
頁数・縦 332P 20cm

商品内容

要旨

源八郎為朝。武士として生きるため、異常な弓の鍛錬を続けたこの男は、齢十二にして都の悪党達を支配。父によって送りこまれた九州を十七歳で平定し、「鎮西八郎」の異名とともに日ノ本を震撼させる。やがて巻き起こる天下を二分する保元の乱。為朝の前に立ちはだかるのは平清盛、そして唯一彼が恐れた兄・源義朝であった。常人には到達し得ない武の先に、男が見た景色とは―。

おすすめコメント

日本史上最強の武士は、平安時代にいた――。「こやつは武士として使い物にならぬ」。その一言が男を怪物へと変貌させた。名を源八郎為朝。武士として生きるため、異常な弓の鍛錬を続けたこの男は、齢十二にして都の悪党達を支配。父に送りこまれた九州を十七歳で平定し、「鎮西八郎」と呼ばれ日本を震撼させた。やがて巻き起こった天下を二分する保元の乱。為朝の前に立ちはだかるのは平清盛、そして唯一彼が恐れた兄・源義朝であった。前代未聞の弓撃歴史絵巻、刮目して見よ!

著者紹介

矢野 隆 (ヤノ タカシ)  
1976年福岡県生まれ。2008年『蛇衆』にて第21回小説すばる新人賞を受賞。18年福岡市文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)