• 本

平成時代

岩波新書 新赤版 1777

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-00-431777-7
4-00-431777-0
税込価格 972円
頁数・縦 251,26P 18cm

商品内容

要旨

平成の三〇年は「壮大な失敗」、今後も続く「失われる半世紀」への序曲であった…。「失敗」と「ショック」の意味を多分野にわたりシビアに総括することからしか、新たな展望は描けない。経済、政治、社会、文化でこの三〇年間、何がおきたのか。社会学者吉見俊哉が「ポスト戦後社会」の先に待っていた空虚な現実を総括する。

目次

はじめに 「平成」という失敗―「失われた三〇年」とは何か
第1章 没落する企業国家―銀行の失敗 家電の失敗
第2章 ポスト戦後政治の幻滅―「改革」というポピュリズム
第3章 ショックのなかで変容する日本―社会の連続と非連続
第4章 虚構化するアイデンティティ―「アメリカニッポン」のゆくえ
おわりに 世界史のなかの「平成時代」―失われる半世紀への序曲

おすすめコメント

平成の三〇年は「壮大な失敗」だった。「失敗」を全分野で総括することからしか展望は描けない。経済、政治、社会、文化で果たして何がおきたのか。社会学者吉見俊哉が「ポスト戦後社会」の先の空虚な現実を総括する。

著者紹介

吉見 俊哉 (ヨシミ シュンヤ)  
1957年東京都生まれ。1987年東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。現在、東京大学大学院情報学環教授。専攻は社会学・文化研究・メディア研究。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)