• 本

ドイツ本土戦略爆撃 都市は全て壊滅状態となった 新装版

光人社NF文庫 お1120

出版社名 潮書房光人新社
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-7698-3120-4
4-7698-3120-X
税込価格 968円
頁数・縦 348P 16cm
シリーズ名 ドイツ本土戦略爆撃

商品内容

要旨

ドイツ降伏までにドイツ国内に来襲した英米の戦略爆撃機は五三万機を超えた。これらの爆撃機は、合計一六四万トンを超える爆弾や焼夷弾をドイツのあらゆる都市や軍施設、軍需工場などに投下した。そして投下された爆弾や焼夷弾の量は、平均するとドイツの一平方キロメートル当たり四・六トンに相当するのである。対日戦とは異なる連合軍のドイツ戦略爆撃の実態を、ハンブルグ、ドレスデンなど甚大な被害をうけたドイツ側からも対照する話題作。

目次

第1章 第二次世界大戦前夜
第2章 戦争勃発とイギリス空軍爆撃航空団
第3章 ドイツ本土爆撃
第4章 アメリカ陸軍航空隊爆撃航空団の参戦
第5章 イギリス空軍爆撃航空団のドイツ都市無差別爆撃
第6章 アメリカ爆撃航空団の激闘
第7章 ドイツ防空戦闘機隊の反撃
第8章 特殊爆撃行
第9章 ドイツ本土爆撃の再て
第10章 英米爆撃航空団のその後

著者紹介

大内 建二 (オオウチ ケンジ)  
昭和14年、東京に生まれる。37年、立教大学理学部卒業後、小野田セメント株式会社(後の太平洋セメント株式会社)入社。中央研究所、開発部、札幌支店長、建材事業部長を歴任。平成11年、定年退職。現在、船舶・航空専門誌などで執筆。「もう一つのタイタニック」で第4回海洋文学大賞入賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)