• 本

OHHASHIいい音をいつまでも 幻の国産ピアノ“オオハシ”を求めて

出版社名 創英社/三省堂書店
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-86659-003-5
4-86659-003-3
税込価格 1,620円
頁数・縦 212P 19cm

商品内容

要旨

ピアノ製造の一大拠点だった浜松で、技術力で知られた大橋ピアノ研究所。「幻のピアノ」と呼ばれるピアノと職人たちの軌跡を追う。

目次

第1章 「いい音をいつまでも」(あるピアノ製作者の死とピアノ
日本のピアノ史概観
大橋幡岩とピアノ
オオハシピアノのこだわり
オオハシピアノの周辺―ベヒシュタインとディアパソンについて)
第2章 「OHHASHI」の音色を求めて―オオハシピアノとの出会い(アップライトピアノ編
グランドピアノ編
その他特別なピアノ
ディアパソンピアノ)
第3章 ピアノの仕組み(ピアノの仕組み)
付録 データ、資料編(“記録魔”大橋幡岩―浜松市博物館所蔵資料について
Nヤマハ製作資料及び納品先記録
キーワード集)

著者紹介

長井 進之介 (ナガイ シンノスケ)  
国立音楽大学鍵盤楽器専修(ピアノ)卒業、同大学大学院修士課程器楽専攻(伴奏)修了を経て、同大学院博士後期課程音楽学領域単位取得満期退学。2013〜14年にカールスルーエ音楽大学に交換留学。2015年度にはDAAD「ISK」奨学生としてライプツィヒに留学。2007年度柴田南雄音楽評論賞奨励賞受賞(史上最年少)。伴奏を中心とした演奏活動と共に、音楽ライターとして複数の音楽雑誌に定期的に寄稿。またCDライナーノーツの執筆及び翻訳(独/英語)なども行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)