• 本

くせものの譜

文春文庫 み59−1

出版社名 文藝春秋
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-16-791278-9
4-16-791278-3
税込価格 994円
頁数・縦 399P 16cm

商品内容

要旨

武田の遺臣として、数多の主家を渡り歩いた御宿勘兵衛。武田家滅亡から、大坂の陣まで―仕えた家が次々と滅びることから、「厄神」と忌み嫌われた男と、彼に関わった度し難い男たち。時代に迎合することなく、己の夢と覚悟を貫いた依田信蕃や久世但馬守など、気鋭の著者が描く、くせものたちの物語。

おすすめコメント

武田の家臣であった御宿勘兵衛は、仕える武将が皆滅ぶ。曰く依田信蕃、佐々成政、北条氏政、結城秀康、最後に仕えしは豊臣秀頼!

著者紹介

簑輪 諒 (ミノワ リョウ)  
1987年栃木県生まれ。2014年、丹羽家の敗者復活劇を描いた『うつろ屋軍師』で第19回歴史群像大賞に入賞し、デビュー。2018年『最低の軍師』で「啓文堂書店時代小説文庫大賞」を受賞。いま最も注目される若手時代小説作家である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)