• 本

雨降ノ山

決定版

文春文庫 さ63−106 居眠り磐音 6

出版社名 文藝春秋
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-16-791282-6
4-16-791282-1
税込価格 788円
頁数・縦 361P 16cm
シリーズ名 雨降ノ山

商品内容

要旨

夏を迎えた江戸深川。浪人、坂崎磐音の用心棒稼業は相も変わらぬ貧乏暇なし。同じ長屋に住む婀娜っぽい女を行き掛かりで助けたことで、思わぬ“女難”を招き、一騒動に。そんな折、今津屋の内儀お艶が倒れた。病気平癒を祈るため、相州・雨降山大山寺詣でに発った今津屋一行を襲う不逞の輩。危機に相対し、磐音の剣が唸る!

おすすめコメント

浪人・坂崎磐音の用心棒稼業は貧乏暇なし。盛夏、今津屋主人の内儀が倒れ、病の平癒を願う大山詣でに発つが、一行を付け狙う影が!?

著者紹介

佐伯 泰英 (サエキ ヤスヒデ)  
1942年、北九州市生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。デビュー作『闘牛』をはじめ、滞在経験を活かしてスペインをテーマにした作品を発表。99年、時代小説に転向。「密命」シリーズを皮切りに次々と作品を発表して高い評価を受け、“文庫書き下ろし時代小説”という新たなジャンルを確立する。著書多数。2018年、菊池寛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)