• 本

サイロ・エフェクト 高度専門化社会の罠

文春文庫 テ18−1

出版社名 文藝春秋
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-16-791289-5
4-16-791289-9
税込価格 1,122円
頁数・縦 463P 16cm

商品内容

要旨

専門的な技術を扱う部署が、周囲に壁を作り「サイロ」と化す。企業全体の衰退を招く危険な罠、それは、社会が高度になるほど、深く大きくなる。先端企業ソニー、大都市ニューヨーク―人の作るあらゆる組織に付き物の罠からの脱出法はあるのか?文化人類学者の顔を持つジャーナリストが解決法を探る!

目次

なぜ、私たちは自分たちが何も見えていないことに気がつかないのか?
ブルームバーグ市長の特命事項
第1部 サイロ(人類学はサイロをあぶり出す
ソニーのたこつぼ
UBSはなぜ危機を理解できなかったのか?
経済学者たちはなぜ間違えたのか?)
第2部 サイロ・バスターズ(殺人予報地図の作成
フェイスブックがソニーにならなかった理由
病院の専門を廃止する
サイロを利用して儲ける
点と点をつなげる)

おすすめコメント

閉鎖的な部署が専門的な知識と情報を抱え込み、そのため組織全体が閉塞してしまう。現代のあらゆる組織が陥る罠に解決策を提示する。

著者紹介

テット,ジリアン (テット,ジリアン)   Tett,Gillian
1967年イギリス生まれ。ケンブリッジ大学で社会人類学を専攻。タジキスタンでの学究生活を終えた後、フィナンシャル・タイムズ紙の特派員となりジャーナリストの道を歩む。2000年より同紙東京支局長、2010年から12年まで同紙アメリカ版編集長。2015年ランカスター大学より名誉博士号を授与
土方 奈美 (ヒジカタ ナミ)  
日本経済新聞記者を経て、2008年より翻訳家として独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)