• 本

電子申告の概要と義務化に向けた事前準備

出版社名 税務研究会出版局
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-7931-2439-6
4-7931-2439-9
税込価格 2,700円
頁数・縦 273P 26cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

実務担当者必携!!電子申告義務化に向けた事前準備はこの1冊で!「電子申告の義務化の概要」と「利便性向上施策」を解説。電子申告の事前準備から申告データの送信までのデモ画面を掲載。

目次

第1章 電子申告の背景と今後の動向
第2章 電子申告の義務化について
第3章 電子申告の概要
第4章 電子申告の事前準備マニュアル
第5章 電子申告のデータ送信マニュアル
第6章 利便性向上のための各種施策
第7章 参考資料

著者紹介

坂本 真一郎 (サカモト シンイチロウ)  
税理士(SKJ総合税理士事務所)。中央大学経済学部産業経済学科卒業。平成5年東京国税局に国税専門官として採用。都内税務署勤務後、国税局においてKSK(国税総合管理)システム、国税庁においてe‐Taxシステムの開発・運用等に従事。その後、国税局調査部においてe‐Tax合同サポートチームの担当官として、大企業や国及び地方公共団体の電子申告の利用勧奨、導入サポート等を行う。平成25年6月に退職、同年9月税理士登録。現在、SKJ総合税理士事務所にて、税務コンサルティングのほか、企業の文書電子化コンサルティングを行っている。一般社団法人ファルクラム租税法研究会研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)