• 本

年齢は捨てなさい

幻冬舎新書 し−10−4

出版社名 幻冬舎
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-344-98552-0
4-344-98552-4
税込価格 880円
頁数・縦 212P 18cm

商品内容

要旨

年齢を気にせず好きなことに没頭している人は、みな若くてイキイキしている。一方で「もう年だから」が口癖の人は総じて老け込み、わびしい人生を送っている。ことほどさように年齢を意識しすぎることは何の得にもならず、生き方を狭めてしまうだけである。「年齢を聞くことは品のない行為」「『還暦祝い』が嬉しい人はいるのか」「外見の若さを求め続けると、いつか破綻する」「今日という日が人生で一番若い」「年齢を自分で決めると楽になる」等々、年齢にとらわれず、自由で充実した人生を送るヒントが詰まった一冊。

目次

第1章 年齢という魔物(なぜ人は年齢を知りたがるのか
年齢を聞くことは品のない行為
「わたしを束ねないで」 ほか)
第2章 年齢は自分で決める(自立した時から年齢を数える
病気が多くのことを教えてくれた
人の死を初めて経験する ほか)
第3章 年齢を超越するということ(「青春とは心の持ち方を指すもの」
外見の若さを求め続けると、いつか破綻する
今日という日が人生で一番若い ほか)

おすすめコメント

年齢を気にせず好きなことに没頭している人は、みな若くてイキイキしている。一方で「もう年だから」が口癖の人は総じて老け込み、わびしい人生を送っている。ことほどさように年齢を意識しすぎることは何の得にもならず、生き方を狭めてしまうだけである。「年齢を聞くことは品のない行為」「『還暦祝い』が嬉しい人はいるのか」「今日という日が人生で一番若い」「外見の若さを求め続けると、いつか破綻する」「年齢を自分で決めると楽になる」等々、年齢を超越し、充実した人生を送るヒントが詰まった一冊。

著者紹介

下重 暁子 (シモジュウ アキコ)  
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。女性トップアナウンサーとして活躍後、フリーとなる。民放キャスターを経て、文筆活動に入る。ジャンルはエッセイ、評論、ノンフィクション、小説と多岐にわたる。公益財団法人JKA(旧・日本自転車振興会)会長等を歴任。現在、日本ペンクラブ副会長、日本旅行作家協会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)