• 本

死の所有 死刑・殺人・動物利用に向きあう哲学

増補新装版

出版社名 東京大学出版会
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-13-010142-4
4-13-010142-0
税込価格 7,700円
頁数・縦 416,17P 22cm
シリーズ名 死の所有

商品内容

要旨

死の倫理的問題に潜む虚構とは?死刑、安楽死、脳死、殺人、戦争、動物利用―「人格」「所有」という近代的概念が可能にしている“死をめぐる思考”を問い直し、社会制度や宗教文化をふまえた、私たちの死生観の深層を探る。現代の課題に挑む哲学書。

目次

序章 「涙の哲学」に向けて―「死」の誕生
第1章 死刑不可能論―死刑存廃論に潜む倒錯
第2章 「死ぬ権利」の欺瞞―安楽死の陥穽
第3章 生命倫理と死ぬ主体―胎児、代理母、クローン、そして死にゆく人
第4章 殺人者の人格性―虚構なのか適応なのか
第5章 殺された人の非存在性―「害グラデーション説」の試み
第6章 戦争という法外な殺戮―戦争をめぐる事実と規範
第7章 動物たちの叫び―動物実験と肉食の彼方
終章 死に基づく認識論―生と死を貫く同一性
補章 死の害についての「対称性議論」―「害グラデーション説」から「因果連続モデル」へ

著者紹介

一ノ瀬 正樹 (イチノセ マサキ)  
1957年茨城県土浦市に生まれる。1981年東京大学文学部卒業。1988年東京大学大学院人文科学研究科博士課程(哲学専攻)単位取得。東洋大学文学部専任講師、助教授、東京大学大学院人文社会系研究科・文学部助教授、のちに教授。英国オックスフォード大学the 2010 Uehiro Lecturerなどを歴任。博士(文学)。現在、東京大学名誉教授、オックスフォード大学名誉フェロウ、武蔵野大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)