• 本

外国人にも話したくなるビジネスエリートが知っておきたい教養としての日本食

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-04-604360-3
4-04-604360-1
税込価格 1,540円
頁数・縦 239P 19cm

商品内容

要旨

ますます進むグローバル社会。だからこそ問われる自国のアイデンティティ。日本の食事に息づく「精神」「美意識」を探求し、仕事の武器になる知的教養を身につけよ!

目次

はじめに―美味をきわめれば「和食」あり
第1章 作法に息づく「和の心」を知る
第2章 日本食を形づくる「匠の技」を学ぶ
第3章 和食が秘める「効能」を解明する
第4章 日本料理を生んだ「ルーツ」を探る
第5章 食習慣を育んだ「日本人の信仰」に迫る

おすすめコメント

仕事の武器になる「日本食」にまつわる知的教養日本人として、ビジネスエリートとして、「日本食」の知識は必須!仕事の武器になる知的教養として。また、世界に誇るべき文化として海外の相手とのコミュニケーションツールにも役立つ1冊。

著者紹介

永山 久夫 (ナガヤマ ヒサオ)  
1932年、福島県生まれ。食文化史研究家、長寿食研究所所長。平成30年度文化庁長官表彰受賞。古代以来の和食を中心に長寿食を研究し、各地の長寿村を訪ねて長寿者の食事やライフスタイルを取材。講演やテレビ、雑誌など多方面で活躍している。日本の古代から明治時代までの食事の研究に長年携わる各時代の食事復元研究の第一人者でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)