• 本

絶望の金融市場(マーケット) 株よりも債券崩れが怖ろしい

出版社名 徳間書店
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-19-864836-7
4-19-864836-0
税込価格 1,760円
頁数・縦 279P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

第1章 “トランプ独裁”が経済を変えた
第2章 金融理論はみんなゴミだった
第3章 株よりも債券市場の崩落が恐ろしい
第4章 ボロくず債の暴落から恐慌突入
第5章 経済学はY=Mですべて分かる
第6章 「政府マネー」は間違っている
第7章 アメリカは北朝鮮を押さえ込む

おすすめコメント

これからは株ではなく債券が危ない。ジャンク債の暴落から世界大恐慌が始まる! 副島隆彦が緊迫する世界経済を見通す!

著者紹介

副島 隆彦 (ソエジマ タカヒコ)  
1953年、福岡市生まれ。早稲田大学法学部卒業。外資系銀行員、予備校講師、常葉学園大学教授などを歴任。副島国家戦略研究所(SNSI)を主宰し、日本人初の「民間人国家戦略家」として、講演・執筆活動を続けている。日米の政界・シンクタンクに独自の情報源を持ち、金融経済からアメリカ政治思想、法制度論、英語学、歴史など幅広いジャンルで、鋭い洞察と緻密な分析に基づいた論評を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)