• 本

神仕組み令和の日本と世界 日月神示が予言する超覚醒時代

出版社名 徳間書店
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-19-864839-8
4-19-864839-5
税込価格 1,100円
頁数・縦 221P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

日月神示の専門家が読み解く新元号時代の生き方。

目次

第1章 天皇とは何か(日本はどこまでも天皇を中心とした国
日月神示に頻出する「てんし様」の記述 ほか)
第2章 歴史サイクルで読み解く未来(地球は過去6回の大天変地異に見舞われた?
村山節氏の大発見「文明800年周期説」 ほか)
第3章 天変地異と自然災害(人類に降りかかる「二度とない試練」
地球は温暖化ではなく寒冷化している ほか)
第4章 世界の「裏の権力者」と天皇家の真実(世界支配層は力を失っている?
世界最古のアジア系財閥と「オーナー」のこと ほか)
第5章 私たちが目指すべき未来(6000年の歴史がリセットされようとしている
大難は小難に変えることができる ほか)

おすすめコメント

平成という時代をズバリ見通していた「日月神示」が新元号時代をどう予言しているのか!?日本の役割と私たちにできることとは?

著者紹介

中矢 伸一 (ナカヤ シンイチ)  
3年に及ぶ米国留学生活を通じ、日本と日本民族の特異性を自覚。帰国後、英会話講師・翻訳・通訳業に携わる一方、神道系の歴史、宗教、思想などについて独自に研究を進める。1991年、それまでの研究をまとめた『日月神示』(徳間書店)を刊行、いきなりベストセラーとなる。以後、ヒット作を次々と世に送り出す。現在、1994年創刊の会員制月刊誌『玉響(たまゆら)』の制作・執筆を中心に活動中。会員向け講演会も行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)