• 本

インフラ・イノベーション 強くて豊かな国をつくる日本再生プロジェクト

出版社名 育鵬社
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-594-08205-5
4-594-08205-X
税込価格 1,980円
頁数・縦 254P 19cm

商品内容

要旨

先駆的なプロジェクトや新技術の導入が地域社会や産業、経済、文化に大きな構造変化をもたらした。国家政策としてのインフラ・プロジェクトのあり方を具体例から考える。活力ある日本を甦らせるための政策提言。

目次

インフラ・イノベーションと日本再生
現代日本の、川文化のイノベーション:北浜テラス
港の整備が「まち」を作る:小浜港の港湾イノベーション
「下水資源」イノベーション:都市に眠る宝の山
鉄道が導く「都市と国土のイノベーション」
都市の強靱化:六本木ヒルズのエネルギー・イノベーション
日本を救う水力発電のイノベーション
「道の駅」による地方再生イノベーション
国土保全イノベーション:「砂防」が守る日本の国土
地方再生の街路イノベーション:「クルマ車線」を削って賑わう京都・四条通
食産業インフラ・イノベーションが日本を救う
地域イノベーションを導く「リアル・どこでもドア」:高速道路のストック効果
日本を救う港湾インフラ・イノベーション:「基幹航路」を守り、日本を守る
空港がもたらす地域イノベーション:「虚構」の空港バッシング

著者紹介

藤井 聡 (フジイ サトシ)  
1968年奈良県生まれ。京都大学大学院教授(都市社会工学専攻)。京都大学大学院工学研究科修了。東京工業大学教授、イエテボリ大学心理学科客員研究員等を経て、現職。第2次安倍内閣で内閣官房参与(防災・減災ニューディール担当)を務めた。専門は公共政策に関わる実践的人文社会科学。03年に土木学会論文賞、05年に日本行動計量学会林知己夫賞、07年に文部科学大臣表彰・若手科学者賞、09年に日本社会心理学会奨励論文賞および日本学術振興会賞などを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)