• 本

彼女たちの場合は

出版社名 集英社
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-08-771183-7
4-08-771183-8
税込価格 1,980円
頁数・縦 472P 20cm

商品内容

要旨

「これは家出ではないので心配しないでね」14歳と17歳。少女は二人きりで“アメリカを見る”旅に出た。

出版社・メーカーコメント

「これは家出ではないので心配しないでね」14歳と17歳。ニューヨークの郊外に住むいとこ同士の礼那と逸佳は、ある秋の日、二人きりで“アメリカを見る”旅に出た。日本の高校を自主退学した逸佳は“ノー(いやだ)”ばかりの人生で、“見る”ことだけが唯一“イエス”だったから。ボストン、メインビーチズ、マンチェスター、クリーヴランド……長距離バスやアムトラックを乗り継ぎ、二人の旅は続いてゆく――。美しい風景と愛すべき人々、そして「あの日の自分」に出逢える、江國香織二年ぶりの長編小説。【著者略歴】江國香織(えくに・かおり)1964年東京都生まれ。2002年『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で第15回山本周五郎賞04年『号泣する準備はできていた』で第130回直木賞07年『がらくた』で第14回島清恋愛文学賞10年『真昼なのに昏い部屋』で第5回中央公論文芸賞12年「犬とハモニカ」で第38回川端康成文学賞15年『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』で第51回谷崎潤一郎賞を受賞。著書に『きらきらひかる』『左岸』『抱擁、あるいはライスには塩を』『はだかんぼうたち』『なかなか暮れない夏の夕暮れ』ほか多数。小説のほか童話、詩、エッセイ、翻訳など幅広い分野で活躍している。

著者紹介

江國 香織 (エクニ カオリ)  
1964年東京都生まれ。2002年『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で第一五回山本周五郎賞、04年『号泣する準備はできていた』で第一三〇回直木賞、07年『がらくた』で第一四回島清恋愛文学賞、10年『真昼なのに昏い部屋』で第五回中央公論文芸賞、12年「犬とハモニカ」で第三八回川端康成文学賞、15年『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』で第五一回谷崎潤一郎賞を受賞。小説のほか童話、詩、エッセイ、翻訳など幅広い分野で活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)