• 本

もし本能寺の変がなかったら信長はアジアを統一した

宝島社新書 536

出版社名 宝島社
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-8002-9463-0
4-8002-9463-0
税込価格 900円
頁数・縦 207P 18cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

もし本能寺のクーデターで織田信長が生き延びていたら、秀吉よりもはるかに早く天下を統一しただろう。そして艦隊を編成して海外に進出。日本の版図を拡大し、今日の世界で日本語が主要言語になっていたかもしれない―。そして信長は天皇を超える「神」の存在となり、その支配の下では、世界史に残る凄惨な宗教対立の多くが起こらなかったのではないか。歴史上、残虐な人物という言われ方もする信長が、世界から羨まれる存在となり、世界の歴史を変えるような遺産を残したのではないかと、想像は膨らむ。歴史ファンを魅了する、著者渾身の壮大な信長“世界制覇”シミュレーション。

目次

第1章 一大シミュレーション―信長、天下を統一する(天下統一を目前にした信長の最大の誤算「本能寺の変」
危機管理能力に優れていたはずの信長 ほか)
第2章 信長、天下統一後の治世―自己神格化を達成(信長が目指したのは「織田幕府」ではない
権力の「三条件」把握していた信長 ほか)
第3章 ノブナガミクスで変わる日本経済(機能主義者の信長が行った経済政策
関所の撤廃と本能寺の変 ほか)
第4章 信長の壮大な野望が変える世界史とは(鉄甲船で海外進攻に乗り出す
中国語が世界のスタンダードになった可能性もあった ほか)

おすすめコメント

2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』は明智光秀が主人公ですが、戦国大名が“英傑”となるまでの成長の過程も描かれていきます。その中で、光秀の盟友となり、最期には光秀により暗殺されるのが織田信長ですが、本書では、この信長がもし生きていたら何をやったのか、どういう社会になり、海外戦略がどうなっていったのかを考えていきます。信長の生き方、戦略、治世などに改めて注目し、そこから現代社会に活かせるヒントを探っていきます。

著者紹介

井沢 元彦 (イザワ モトヒコ)  
作家。1954年2月、愛知県名古屋市生まれ。早稲田大学法学部を卒業後、TBSに入社。報道局政治部の記者時代に『猿丸幻視行』で第26回江戸川乱歩賞を受賞。『逆説の日本史』シリーズは単行本・文庫本・ビジュアル版で累計500万部の超ベスト&ロングセラーとなっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)