• 本

子どもの能力は9歳までに決まる

出版社名 サンマーク出版
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-7631-3756-2
4-7631-3756-5
税込価格 1,512円
頁数・縦 253P 19cm

商品内容

要旨

「脳の器」を大きくするだけで、学力はどんどん伸びていく。40年間で5万人の子どもを育てた、幼児教育の超プロが初公開する「脳の器」を広げる勉強法。

目次

プロローグ
第1章 子どもの才能は、9歳の「臨界期」までの学習で決まる!
第2章 脳の「発育プログラム」に沿った能力はこれだ!
第3章 お家でできる!「4つの体験」で学力を向上させる超具体的な方法
第4章 「人間性知能」も育てて「心の強さ」も一流にしよう
第5章 脳の働きを「爆上げ」する生活習慣

おすすめコメント

脳には「臨界期」があり、9歳までにしか身につかない知能と、9歳以後も身につく知能がある。9歳までに5感を使った体験学習を通して才能や学力の基礎となる「6つの器」(多重知能)を伸ばし、9歳以後は座学を通して知識を蓄積する力(人間性知能)を伸ばしていく。それが理想だ。

著者紹介

大久保 博之 (オオクボ ヒロユキ)  
学校法人リリー文化学園理事長。元茨城県教育委員会委員長。茨城県商工会議所連合会会長。水戸商工会議所会頭。1953年、茨城県生まれ。大学卒業後、就職内定を得るものの、教育の仕事をしたいとの思いから母が運営する幼稚園の仕事に携わる。2004年、全国初の「幼小一貫校」を設立し同校校長に就任。数々の実績を挙げつづける。現在では、幼稚園・小学校などあわせて14施設を展開。また、茨城県商工会議所連合会会長をはじめ46の公職に就くなど、教育分野にとどまらず、経済、金融、環境、国際交流など幅広い分野においてリーダーシップを発揮し、活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)