• 本

イギリス労働者スポーツ運動史 一九二三−五八年

出版社名 青弓社
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-7872-2083-7
4-7872-2083-7
税込価格 3,888円
頁数・縦 300P 21cm

商品内容

要旨

一九二〇年代から五〇年代末までの、イギリスの労働者スポーツを支えた組織の成立から解散までを貴重な史料からたどる。政治革命や労働運動、プロパガンダと結び付いていたスポーツが純粋に楽しむための権利として意識されるようになる、紆余曲折のプロセスを掘り起こす。

目次

序章 研究の課題と視座
第1章 イギリス労働者スポーツ連盟の結成と組織再編
第2章 イギリス労働者スポーツ連盟と組織的日曜フットボール運動
第3章 人民戦線運動とイギリス労働者スポーツ連盟の解散
第4章 イギリス労働者スポーツ協会の分立と発展
第5章 第二次世界大戦下のイギリス労働者スポーツ協会と亡命社会主義労働者スポーツ・インターナショナル
第6章 イギリス労働者スポーツ協会の戦後再建、運動の前進から不本意な解散へ
第7章 国際労働者スポーツ委員会設立に向けてのイギリス労働者スポーツ協会の献身的活動
終章 イギリス労働者スポーツ運動の歴史的制約と遺産

著者紹介

青沼 裕之 (アオヌマ ヒロユキ)  
1958年、長野県生まれ。武蔵野美術大学教授。専攻はイギリススポーツ史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)