• 本

レールを渡る殺意の風

徳間文庫 に1−153 十津川警部シリーズ

出版社名 徳間書店
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-19-894467-4
4-19-894467-9
税込価格 778円
頁数・縦 408P 15cm

商品内容

要旨

東京駅丸の内側に林立する高層ビル街で、着物姿の老婆の他殺体が発見された。なかなか身元がわからなかったが、山陰地方在住であることを突き止めた十津川は、京都駅から急行「丹後3号」で豊岡に向かった。が、そこで待ち受けていたのは、あらたな殺人事件だったのだ!?(「日本海からの殺意の風」)。アリバイ崩し、時刻表トリック等々鉄道推理の醍醐味が堪能できる四作品を収録。

おすすめコメント

時刻表トリック&アリバイ崩し! これぞ鉄道推理の醍醐味!! 十津川&亀井、決死の追跡!

著者紹介

西村 京太郎 (ニシムラ キョウタロウ)  
1930年、東京都生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)