• 本

かすていらのきれはし

祥伝社文庫 い26−3 読売屋お吉甘味帖 3

出版社名 祥伝社
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-396-34529-7
4-396-34529-1
税込価格 734円
頁数・縦 324P 16cm

商品内容

要旨

読売書きお吉は、新米絵師のおすみに頭を悩ませていた。時間に遅れ、言い訳ばかりで絵はいまいち、失態の責をなすりつける―まさに当世風の問題児。お吉は、人気の娘義太夫若駒への聞き取りの際、異国の物と思しき美しい器と出会う。その直後、若駒宅へ泥棒が!さらに火付けも起こり、若駒は姿を消す。その身を案じたお吉は、おすみと共に行方を捜すが…。

出版社・メーカーコメント

読売書きお吉は、新米絵師のおすみに頭を悩ませていた。時間に遅れ、言い訳ばかりで絵はいまいち、 失態の責をなすりつける― まさに当世風の問題児。お吉は、人気の娘義太夫若駒へ聞き取りの際、 異国の物と思しき美しい器と出会う。その直後、若駒宅へ泥棒が!さらに火付けも起こり、若駒は姿を消す。 その身を案じたお吉は、おすみと共に行方を捜すが…。

著者紹介

五十嵐 佳子 (イガラシ ケイコ)  
山形県生まれ。「婦人公論」「クロワッサン」などの女性誌を中心にライターとして活動。その後小説にも活躍の場を広げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)