• 本

千霊一霊物語

光文社古典新訳文庫 KAテ6−1

出版社名 光文社
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-334-75400-6
4-334-75400-7
税込価格 1,102円
頁数・縦 403P 16cm

商品内容

要旨

「女房を殺して、捕まえてもらいに来た」と市長宅に押しかけた男。その場に居合わせた作家デュマや市長たちは、男の自宅の血塗られた地下室を見に行くことに。男の自供の妥当性をめぐる議論は、いつしか各人が見聞きした奇怪な出来事を披露しあう夜へと発展する。本邦初訳!

おすすめコメント

『三銃士』『モンテ・クリスト伯』などで有名なデュマの知られざる幽霊譚(本邦初訳)で、タイトルは『千夜一夜物語』のもじり。

著者紹介

デュマ,アレクサンドル (デュマ,アレクサンドル)   Dumas,Alexandre
1802‐1870。19世紀フランスの代表的作家。パリ近郊に生まれ、劇作家になることを夢見てパリへ。シャルル・ノディエに才能を見出され、ユゴー、ミュッセらと交流。1829年に上演された散文劇『アンリ三世とその宮廷』などで人気を確立。その後小説『三銃士』、『モンテ・クリスト伯(巌窟王)』、『王妃マルゴ』なども大成功を収め、生涯500を超える作品を送り出した。豪快なまでの浪費と放蕩、『料理大辞典』を著した美食家としても知られる。『椿姫』の作者となった息子がデュマ・フィス(息子デュマの意)と呼ばれるのに対し、デュマ・ペール(父デュマ、大デュマ)と呼ばれる
前山 悠 (マエヤマ ユウ)  
1981年生まれ。学習院大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。パリ第七大学博士課程修了(文学博士)。現在、大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)