• 本

〈社長の裏技〉年金をもらって会社にお金を残す

出版社名 ぱる出版
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-8272-1163-4
4-8272-1163-9
税込価格 1,650円
頁数・縦 190P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

“9割”の社長が知らないトクする在職老齢年金のもらい方。

目次

小さな会社の「社長の年金」は、経営上の重要課題です
まずは「社長の年金」の基本形を知ろう!
報酬が高いともらえない年金と、報酬が高くてももらえる年金があることを知ろう!
年金をどのくらいもらえるようになるのか
社長が年金をもらう際の実務上の注意点とは
65歳からの報酬設定は3通り。65歳からの年金のもらい方は4通り
どの年金を、いつから、いくらもらうのかを考えよう
年金の「もらいもれ」にも注意しよう!
若年社長は、「選択制確定拠出年金」を使って老後資金を確保することもできる
税金面で優遇されている共済制度も活用してお金を残そう!
助成金を使って働き方改革を実現し、生産性向上、業績アップを!

おすすめコメント

もらえなかった年金をもらい、会社にお金を残すための本。通常、社長はほとんど年金をもらえない。しかし、年金をもらえる年齢になる1年以上前に、70歳までの年金見込額を確認するという方法でもらうことができ、これにより、自分の報酬を下げ、会社にお金が残るようにする裏技マニュアル。

著者紹介

奥野 文夫 (オクノ フミオ)  
奥野社会保険労務士事務所・FP奥野文夫事務所所長。一般社団法人社長の年金コンサルタント協会代表理事。京都中小企業互助協会理事長。社会保険労務士・ファイナンシャルプランナーとして開業19年超の実務経験を活かし、社長の年金コンサルティングやセミナーを行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)