• 本

100歳まで元気に生きる食事術 最新の医学データでわかった自然治癒力の高め方 令和版

ビタミン文庫

出版社名 マキノ出版
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-8376-1339-8
4-8376-1339-X
税込価格 1,430円
頁数・縦 175P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

センテナリアン(百寿者)は何を食べているのか?ガンの食事療法の名医が長寿の秘密を解明!

目次

第1章 百寿者は誰でもめざせる(知っているようで知らない「平均寿命」の意味
日本人が長命になった2大理由は「医療」と「和食」 ほか)
第2章 長寿者に学ぶ食事と生活の知恵(毎朝の「野菜のすりおろし」が支えた驚異的な健康長寿で医学の道を邁進
30回噛む食事法や脳の活性化で健康を保ち99歳から8回の世界一周旅行を果たす ほか)
第3章 百寿のための食事術(主食は穀物
野菜・果物をとる ほか)
第4章 百寿のための生活術(一日1時間のうっすら汗ばむ程度の運動+週1回の負荷の大きい運動
湯温40℃で10〜20分の入浴 ほか)

著者紹介

済陽 高穂 (ワタヨウ タカホ)  
1970年、千葉大学医学部卒業後、東京女子医科大学消化器病センターに入局。73年、国際外科学会交換研修員として米国テキサス大学外科教室(J.C.トンプソン教授)に留学し、消化管ホルモンについて研究。帰国後、東京女子医科大学助教授。94年、都立荏原病院外科部長。2003年、都立大塚病院副院長。06年、千葉大学医学部臨床教授を兼任。08年、三愛病院医学研究所所長。トワーム小江戸病院院長。同年11月、西台クリニック院長。18年、同クリニック理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)