• 本

半藤一利 橋をつくる人

のこす言葉KOKORO BOOKLET

出版社名 平凡社
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-582-74118-6
4-582-74118-5
税込価格 1,320円
頁数・縦 108P 19cm

商品内容

要旨

89歳、まだやる気まんまん。「昭和史」の第一人者が語る波瀾の生涯。老いにも惚れる、痛快人生!

目次

遊びつくした子ども時代
大空襲と雪中鍛練
ボートにかけた青春
「昭和史」と出会った編集者時代
遅咲きの物書き、“歴史の語り部”となる
のこす言葉

著者紹介

半藤 一利 (ハンドウ カズトシ)  
1930年、東京都生まれ。東京大学文学部卒業後、文藝春秋入社。「週刊文春」「文藝春秋」編集長、取締役などを経て作家。『日本のいちばん長い日』『漱石先生ぞな、もし』(正続、新田次郎文学賞)、『ノモンハンの夏』(山本七平賞)、『「真珠湾」の日』『幕末史』など著書多数。『昭和史1926‐1945』『昭和史戦後篇1945‐1989』で毎日出版文化賞特別賞、2015年には菊池寛賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)