• 本

他人の足を引っぱる男たち

日経プレミアシリーズ 400

出版社名 日本経済新聞出版社
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-532-26400-0
4-532-26400-6
税込価格 935円
頁数・縦 205P 18cm

商品内容

要旨

会議でわざと相手が答えられない質問をする、人望のある部下を閑職に飛ばす、同僚の悪評を上司に流す、権力者におもねり反対勢力を潰す―この現代においても、非生産的な足の引っぱりあいが日本の組織にはびこるのはなぜか?個人をむしばみ、ホワイトカラーの“ジジイ化”をうながす「会社員という病」の根源に迫る。

目次

プロローグ 伝統芸“足を引っぱる”
第1章 他人の活躍を許せない人々―足を引っぱる人たち
第2章 それでも会社にしがみつきたい―新中間階級のジレンマ
第3章 個人をむしばむ「会社員という病」―中高年の不安の正体
第4章 ジジイ取りがジジイになる―「粘土層」「小ジジイ」の台頭
第5章 ジジイの末路―権威が権威でなくなる日
第6章 最高に自由な後半生のために―ジジイからの逃走

おすすめコメント

権力者による不祥事、職場に溢れるメンタル問題、日本男性の孤独――すべては「会社員という病」が原因だった?“ジジイの壁”第二弾。

著者紹介

河合 薫 (カワイ カオル)  
東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。千葉大学教育学部を卒業後、全日本空輸に入社。気象予報士としてテレビ朝日系「ニュースステーション」などに出演。その後、東京大学大学院医学系研究科に進学し、現在に至る。「人の働き方は環境がつくる」をテーマに学術研究にかかわるとともに、講演や執筆活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)