• 本

まんがで読むはじめての猫のターミナルケア・看取り

いちばん役立つペットシリーズ

出版社名 日東書院本社
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-528-02231-7
4-528-02231-1
税込価格 1,430円
頁数・縦 127P 21cm

商品内容

要旨

愛猫の命が残りわずかとなったとき、飼い主にできることは?―答えはいっしょに暮らしてきた時間のなかにありました。猫のターミナルケアに必要なのは、ごはん、薬、寝床、それから…いつもの手と声、ぬくもり!

目次

プロローグ ぼくともすけ
余命宣告
心地よい環境
投薬
ごはん
副作用
治療の選択
緩和ケア
発作
鈴木スペシャル
もすけ
おみおくり
日にちぐすり

おすすめコメント

寿命が延び、高齢化が進む猫。医療行為をやり尽くした後、飼い主がしてあげられることとは?まんがとイラストで、猫と飼い主に寄り添いながら、分かりやすく紹介します。飼育本や専門誌でも避けがちなテーマだからこそ、知っておくべき知識やアイデアが満載です。 [ターミナルケア]飼い主だからこそできること。心地よい場所を作る。食事やトイレのケア、マッサージや声かけなど。[看取り]愛猫を見送ったら、まず何をしたら良い? 体をきれいにする、冷やす、火葬、お墓、さまざまな弔いの形など。[心のケア]実際に猫を見送った方々に聞く体験談、ふたたび前を向くためのヒントを紹介。など。 【全体監修】古山 範子養生法のセミナーなどで活躍するドクター。本書では、手作り食のレシピも公開。 【医療監修】西村 知美「アール動物病院」院長。臨床現場で活動するドクターなので、知識・情報量も豊富。まんが内の病状・治療について指導。 【アドバイス】武原 淑子保護猫活動のスーパーボランティアさん。薬の飲ませ方や注射・点滴の仕方、飼い主にとって本当に知りたいことをコラムで公開