• 本

「読まなくてもいい本」の読書案内 知の最前線を5日間で探検する

ちくま文庫 た92−1

出版社名 筑摩書房
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-480-43592-7
4-480-43592-1
税込価格 858円
頁数・縦 381P 15cm

商品内容

要旨

「何を読めばいいんですか?」と聞かれるたびに困った。「読むべき本」が多すぎる!だから「実は読まなくてもいい本」を決めればいいのでは、と考えた。「知のパラダイム変換」が起きた今、複雑系、進化論、ゲーム理論、脳科学、ICT(情報通信技術)の分野で「読むべき本」が浮かび上がる驚きの読書術。文庫版書下し「リベラル化する世界の分断」を加えパワーアップして再登場!

目次

1 複雑系(一九七〇年代のロックスター
「フラクタル」への大旅行
世界の根本法則
追記 複雑系とカオス)
2 進化論(一〇分でわかる「現代の進化論」
「政治」と「科学」の文化戦争
原始人のこころで二一世紀を生きる)
3 ゲーム理論(合理性とMAD
「行動ゲーム理論」は世界の統一理論か?
統計学とビッグデータ)
4 脳科学(哲学はこれまでなにをやってきたのか?
フロイトの大間違い
「自由」はどこにある?)
5 功利主義(「格差」のある明るい社会
社会をデザインする
テクノロジーのユートピア)

著者紹介

橘 玲 (タチバナ アキラ)  
作家。1959年生まれ。国際金融情報小説『マネーロンダリング』(幻冬舎)でデビュー。投資、経済、社会時評に関するフィクション、ノンフィクションのどちらも手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)