• 本

深層日本論 ヤマト少数民族という視座

新潮新書 813

出版社名 新潮社
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-10-610813-6
4-10-610813-5
税込価格 864円
頁数・縦 255P 18cm

商品内容

要旨

日本人は少数民族、すなわちヤマト少数民族である!そう捉えると様々な謎がとけてくる。なぜ粗末な穀物倉庫が伊勢神宮正殿となったのか。秘される大嘗祭で天皇は何をしているのか。今なお、無文字文化の名残を残す中国少数民族に、在りし日の日本の姿をみた碩学が、古事記、万葉集(和歌)、伊勢神宮、大嘗祭をめぐって、本当の“日本古来”とは何なのかを、遥か古代にまで遡って説く日本論の決定版。

目次

第1章 近代国家日本の二重構造
第2章 三つの文明開化があった
第3章 ヤマトから大和へ
第4章 少数民族という視点
第5章 ヤマト少数民族はなぜ国家を形成できたのか
第6章 「古事記」―少数民族文学から日本文学へ
第7章 「万葉集」―生きている歌垣文化からみる
第8章 「伊勢神宮」―なぜ高床の穀物倉庫を神聖化したのか
第9章 「大嘗祭」―なぜ稲と“女”が重視されたのか
第10章 近代化された表層、アニミズム系文化の基層

出版社・メーカーコメント

日本人は少数民族、すなわちヤマト少数民族である! そう捉えると様々な謎がとけてくる。なぜ粗末な穀物倉庫が伊勢神宮正殿となったのか。秘される大嘗祭で天皇は何をしているのか。今なお、無文字文化の名残を残す中国少数民族に、在りし日の日本の姿をみた碩学が、古事記、万葉集(和歌)、伊勢神宮、大嘗祭をめぐって、本当の“日本古来”とは何なのかを、遥か古代にまで遡って説く日本論の決定版。

著者紹介

工藤 隆 (クドウ タカシ)  
1942(昭和17)年栃木県生まれ。大東文化大学名誉教授。東京大学経済学部卒業、早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了、同博士課程単位取得退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)