• 本

夢見る帝国図書館

出版社名 文藝春秋
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-16-391020-8
4-16-391020-4
税込価格 2,035円
頁数・縦 404P 20cm

商品内容

要旨

本がわれらを自由にする。明治に出来た日本初の図書館と戦後を生きた喜和子さん。ふたつの物語は平成でひとつに―

おすすめコメント

むかしむかし、この国に初めての「図書館」ができた頃のお話です――。本を愛するすべての人の胸を熱くする図書館小説

著者紹介

中島 京子 (ナカジマ キョウコ)  
1964年東京都生まれ。東京女子大学卒業。出版社勤務を経て、2003年『FUTON』で小説家デビュー。10年『小さいおうち』で直木賞受賞。14年『妻が椎茸だったころ』で泉鏡花文学賞受賞。15年『かたづの!』で河合隼雄物語賞、歴史時代作家クラブ賞作品賞、柴田錬三郎賞を受賞。同年『長いお別れ』で中央公論文芸賞受賞。16年、同作で日本医療小説大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)