• 本

左遷捜査 2

迷宮入り事件

双葉文庫 し−26−05

出版社名 双葉社
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-575-52222-8
4-575-52222-8
税込価格 680円
頁数・縦 294P 15cm
シリーズ名 左遷捜査

商品内容

要旨

早朝の荒川に浮かぶ男性の死体が発見された。被害者は特殊清掃を扱う会社の社長で、銃で撃たれた痕があった。警視庁捜査一課のベテラン刑事・棟方国雄は遺体が示す事実を丹念に拾い、若手刑事の目崎敦史は未熟ながらも、相棒としての務めを果たそうと必死に食らいつく。そして、時に上層部の意向に沿わぬ二人の“補欠捜査”が、平成の世に積み残した「重大未解決事件」の犯人をたぐり寄せる!大好評シリーズ、待望の第2弾!!

おすすめコメント

警視庁捜査一課に配属されたばかりの目崎敦史と、癖の強いベテラン刑事・棟方国雄警部補の凸凹バディに2件目の大事件!3月下旬、荒川の下流域に男の水死体が上がった。男は孤独死した部屋などを扱う特殊清掃会社の経営者。孤独死の線からも捜査すると、思いがけずかつて川崎市で起きた迷宮入り事件に繋がった。スーパーで従業員三人が銃殺された事件である。平成の終わりの大捜査! 待望のシリーズ第2弾!

著者紹介

翔田 寛 (ショウダ カン)  
1958年東京都生まれ。2000年「影踏み鬼」で第22回「小説推理新人賞」を受賞。01年、「奈落闇恋乃道行」が第54回「日本推理作家協会賞・短編部門」の候補となる。08年「誘拐児」で第54回「江戸川乱歩賞」を受賞。14年「墓石の呼ぶ声」が第67回「日本推理作家協会賞・短編部門」候補に。15年刊行の『真犯人』は第19回「大藪春彦賞」候補になり、18年WOWOWで連続ドラマ化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)