• 本

大坊珈琲店のマニュアル

出版社名 誠文堂新光社
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-416-51773-4
4-416-51773-4
税込価格 3,024円
頁数・縦 251P 22cm

商品内容

要旨

コーヒー好きに愛されながら、2013年に閉店した大坊珈琲店。38年間の営みを振り返り、店主が綴った大切なこと。珈琲屋になるまで、営業時の心掛け、焙煎・抽出・テイスティングの仕方など。

目次

キムホノ陶
私の平野遼
塩崎貞夫の鎮魂

おすすめコメント

閉店後も愛され続けている大坊珈琲店を、店主が振り返り、日々心掛けていたことを綴ったエッセイ集。焙煎や抽出方法も詳細に解説。

著者紹介

大坊 勝次 (ダイボウ カツジ)  
1949年岩手県盛岡生まれ。南青山にあった珈琲店「大坊珈琲店」店主。1975年の開店以来、自家焙煎、ネルドリップというスタイルも内装も変えずに営んできたが、2013年12月にビルの取り壊しにより、惜しまれつつ閉店した。その後も全国各地で手廻し焙煎やネルドリップのレクチャー、出張珈琲店を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)