• 本

孤独の意味も、女であることの味わいも

出版社名 新潮社
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-10-352252-2
4-10-352252-6
税込価格 1,430円
頁数・縦 139P 20cm

商品内容

要旨

傷を負っても、最愛の子を喪っても、人生には必ず意味がある。気鋭の国際政治学者が、長年抱いてきた葛藤を初めて明かす。

目次

転機
子育ての日々
はじめの孤独
子どもを産む
茅ヶ崎の家

残された者たち
夫と暮らす決心
強情っぱりの幼稚園児と女になるということ
湘南高校へ
どうしようもない状況
大学へ
門司の家
彼氏という存在
初めての経験
籠る日々
弔い
他人との触れ合い
ほんとうの自立
「女」が戻ってくるとき
女が男に求めるものについて
孤独を知ること

出版社・メーカーコメント

女であることは、強さと矛盾しない。知性は感性を殺さない。本を偏愛した少女時代。学校生活での疎外は暴力へ。夫との出会い、最愛のわが子を喪う経験、母親から再び女性になるということ。どんなことがあっても救えない子はいない。正解のない試行錯誤そのままに、気鋭の国際政治学者が、長年抱いてきた葛藤を初めて語る。

著者紹介

三浦 瑠麗 (ミウラ ルリ)  
1980年、神奈川県生まれ。国際政治学者。幼少期を茅ヶ崎、平塚で過ごし、県立湘南高校に進学。東京大学農学部を卒業後、同公共政策大学院及び同大学院法学政治学研究科を修了。博士(法学)。東京大学政策ビジョン研究センター講師を経て、山猫総合研究所代表取締役。博士論文を元にした『シビリアンの戦争―デモクラシーが攻撃的になるとき』(岩波書店)でデビュー。「朝まで生テレビ!」、「ワイドナショー」などテレビでも活躍する一方、旺盛な執筆、言論活動を続ける。第18回正論新風賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)