• 本

最新知りたいことがパッとわかる相続登記のしかたがよくわかる本 不動産を相続する図解と事例でわかる!できる!届け出から手続きまで、この1冊で一目瞭然

改訂

出版社名 ソーテック社
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-8007-2068-9
4-8007-2068-0
税込価格 1,738円
頁数・縦 310P 21cm
シリーズ名 ダンゼン得する知りたいことがパッとわかる相続登記のしかたがよくわかる本

商品内容

要旨

図解と事例でわかる!できる!届け出から手続きまで、この1冊で一目瞭然。不動産の相続が決まったら、必要書類の書き方のポイントがサンプルで載っているから安心。知っておきたいポイント満載!

目次

自分で相続登記ができるかどうか診断してみよう
相続登記のポイントを知っておこう
知らないと損をする相続の常識
相続のしかたを決める
不動産の情報を調べる
必要な書類を集める
遺産分割協議をする
自筆で書いた遺言書がある場合
いよいよ相続登記をしよう
相続を放棄したい場合
相続登記と一緒にやっておくべきそのほかの登記
困ったときの相談窓口

おすすめコメント

大好評をいただいた「ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 相続登記のしかたがよくわかる本」の改訂版の登場です! <セールスポイント>【新元号完全対応!】【最新の法改正に完全対応!】相続登記は、実は「難しい」ものではありません。「少し面倒なだけ」です。でもひとつずつ紐解いていくと、あれよあれよと「自分でできる」んです。まずは本書を使って、「自分でできるかどうか」診断テストをしてみましょう!もし、自分ではできないなと思っても、本書をよく読んで司法書士のところへ行ってください。相続登記が驚くほど理解できて、スムーズに進むはずです。1.相続は誰にするのか?2.相続の対象になるものは何か? まずは、この2つを整理するところからはじめましょう。実際に、登記作業でやるべきことや手順も詳細に載っているので、一つひとつ確認しながら駒を進めてください。相続登記の「わからない」をすべて解決できる!だから、専門家に依頼する際にも、自分の考えや意見が言える!できれば、自分でがんばって相続登記までやってみましょう。本当に複雑な相続登記でなければ自分でできます。 【ここがオススメ】相続や不動産登記についての知識がゼロでも、サンプルや事例に沿って進められるので絶対に迷いません!特に相続のしかたは、基本次の3つです。1.法定相続2.遺産分割協議3.遺言書に沿うさらに遺言書がある場合も、基本は次の2つです。1.自筆証書遺言2.公正証書遺言上記の起こり得るすべてのパターンを網羅しています。また、相続登記の手続きのなかで最も時間がかかるといわれる被相続人の戸籍集めも、充実したサンプルを見ながら順番に確実に進められます。 【読むならいま】誰でも一生に一度は遭遇するであろう相続は、人生の大きな節目でもあります。相続はいきなりやってくるものなので、事前に準備できるのは「いつか」ではなく「いまから」知ることしかありません!実際の相続で困る前に、この本を読んでおけば安心です。

著者紹介

鎌田 幸子 (カマタ コウコ)  
司法書士。慶応義塾大学卒業。2007年、28歳で東京都品川区にて鎌田幸子司法書士事務所を開設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)