• 本

フェイクウェブ

文春新書 1218

出版社名 文藝春秋
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-16-661218-5
4-16-661218-2
税込価格 880円
頁数・縦 214P 18cm

商品内容

要旨

社会をより豊かにすると信じられてきたインターネット。ところが今や個人や企業を操り、その情報や資産を奪おうとする「フェイク」があふれている。ネットの闇に潜むサイバー攻撃者の手口を、セキュリティ対策企業の現役トップが徹底解説。誰もが被害者になりうる時代の必読書。

目次

序章 現実社会を蝕むフェイクウェブ
第1章 蔓延するフェイクウェブの脅威
第2章 企業版「振り込め詐欺」
第3章 欲望と騙し合いのフェイクウェブ
第4章 仮想通貨という魔窟
第5章 フェイクニュースとネット広告の裏側
終章 情報社会を生き抜くために

出版社・メーカーコメント

メール一本で数十億円の被害!ネット空間にひそむ「フェイク」が、あなたの生活をおびやかす。インターネットの登場で世界は大きく変わり、豊かになった。いまや社会のインフラになり、個人の日常生活から、ビジネス、政治、文化といった様ざまな局面において、インターネットのない状況は考えられない。しかし、ネット空間が「安心安全」かといえば、残念ながらその逆だ。リアル社会よりも巧妙で、狡猾な罠が、数多く仕掛けられている。企業のCFO(最高財務責任者)を狙う「ビジネスメール詐欺」。個人を狙い、個人情報や金銭に結びつく情報を詐取する「フィッシング攻撃」。振り込め詐欺につながる偽メール。人間の欲望につけ込む偽「出会い系」。いまや魔窟と化した仮想通貨の世界。世論を左右するフェイクニュース。いまや誰もが「フェイク」の被害者になりうる時代なのだ。前作『闇(ダーク)ウェブ』で、インターネットの闇世界をいち早く指摘して話題となったサイバーセキュリティのプロ集団が、ネット空間にはびこる「フェイク」の実態に迫り、その上で、この情報社会を生き抜くための心得を伝授する。

著者紹介

高野 聖玄 (タカノ セイゲン)  
株式会社スプラウト代表取締役社長。1980年生まれ。フリーのウェブエンジニアとして活動後、ビジネス誌のオンライン事業立ち上げや会員制経済誌の創刊に参画。2012年12月にスプラウトを創業。様々なインターネット事業を開発してきた経験と、調査報道で培った情報収集力を活かし、企業や官公庁のサイバーセキュリティ対策をサポート。新聞・雑誌への寄稿ほか、テレビ・ラジオへの出演、講演多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)