• 本

精神科医の話の聴き方10のセオリー

出版社名 創元社
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-422-11704-1
4-422-11704-1
税込価格 1,620円
頁数・縦 184P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「困った」「どうしよう」「つらい」「憂うつだ」身近な家族や友人、職場の同僚からこのように言われたら、あなたならどうしますか?悩むこころをどのように受け止めたらよいのか、多彩なフィールドで活躍してきた精神科医が、10の基本原則を示しつつ、それらに基づいた具体的な対応を様々な場面ごとに紹介します。

目次

第1部 悩むこころを受け止める10のセオリー(口は一つに、耳二つ
対話の「場」を決める
率直に受け止める―転移と解釈への留意 ほか)
第2部 暮らし・仕事・健康問題について「聴く」(誰もが、いくつものキャリアを担っている
悩みの「原因さがし」よりも「解決」へ
闘病のストレスをどう聴くか? ほか)
第3部 医療・危機介入の場面で「聴く」(長年の痛み、苦しみを受け止める
青年期への示唆には工夫がいる
行動化の取り扱い方 ほか)

著者紹介

小山 文彦 (コヤマ フミヒコ)  
東邦大学産業精神保健職場復帰支援センター(佐倉)センター長・教授。広島県尾道市出身。1991年、徳島大学医学部卒業。岡山大学病院、香川労災病院などでストレス関連疾患の診療を経て、2004年より独立行政法人労働者健康安全機構で労災疾病等研究事業、厚生労働省委託「治療と仕事の両立支援」事業などを担当。2016年10月より現職。医学博士、精神保健指定医、日医認定産業医、日本精神神経学会専門医・指導医、日本産業精神保健学会理事、日本産業ストレス学会理事、日本外来精神医療学会常任理事、日本精神科産業医協会理事、日本職業・災害医学会評議員・労災補償指導医、日本総合病院精神医学会評議員、東京産業保健総合支援センター産業保健相談員などを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)