• 本

猟犬の國

角川文庫 し67−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-04-107648-4
4-04-107648-X
税込価格 836円
頁数・縦 327P 15cm

商品内容

要旨

「何事もないのが一番いい。そのためならどんなこともする」。日本の誇る情報機関、その組織には名前すらない。平和にまどろむ日本が一日も長く続くよう、戦う無名の猟犬たち。とある事情から猟犬となった“外国人”がいた。男は情報と軽武装を頼りに、盗聴・買収・尾行・脅迫を駆使し、ヤクザを操り、公安を出し抜き、日本の“敵”を潰す。良心をすり減らして生きる男の今日の仕事は?他に類のないスパイ小説!

おすすめコメント

軍事小説の新境地を拓いた著者が贈る、いま最もリアルなスパイ小説!!「何事もないのが一番いい。そのためならどんなこともする」日本の誇る情報組織、その組織には名前すらない。ただ、便宜上イトウ家と呼ばれる。平和にまどろむ日本が続くように戦う”猟犬”の日々。

著者紹介

芝村 裕吏 (シバムラ ユウリ)  
作家、漫画原作者、ゲームデザイナー。小説のほか、近年は多くの漫画原作も手がけている。ミリタリー、スパイだけでなく、SF、ファンタジーはじめ多くの分野で執筆している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)