• 本

大学4年間の哲学が10時間でざっと学べる

角川文庫 ぬ3−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-04-604315-3
4-04-604315-6
税込価格 682円
頁数・縦 252P 15cm

商品内容

要旨

全ての事象や存在は「夢」かもしれないが、そう疑い考える自分の存在は絶対確実だとデカルトは言う(「自我の芽生え」)。ニーチェは、善悪などの道徳は弱者の妬みの産物で無価値だとし、キリスト教や西洋哲学を否定した(「近代の矛盾」)。サルトルは、自分のあり方は自分自身で決めるものとしたが、生涯を拘束する重大な決定を一人で下すことは厳しいとも言う(「20世紀哲学の三潮流1」)など、大人の必須教養・哲学の基礎20項目。

目次

Prologue 哲学とはなにか?
第1部 古代・中世哲学
第2部 近世・近代哲学
第3部 現代の哲学
第4部 東洋哲学
第5部 哲学のテーマ

おすすめコメント

大人の素養・哲学の核心が一目瞭然!すべての学問の基礎であり、学び直したい教養の1位と言われる哲学。難しいと思われているその内容を、大学4年間で習う最低限かつポイントを押さえて、まとめました。これであなたも哲学科卒業レベル!

著者紹介

貫 成人 (ヌキ シゲト)  
専修大学文学部哲学科教授。1956年鎌倉市生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。1988年埼玉大学専任講師、1990年助教授を経て、2000年より現職。1986‐87年、1996‐97年、2014‐15年ドイツ在外研究。博士(文学、東北大学2005年)。日本哲学会編集委員、舞踊学会副会長、藝術学関連学会連合副会長。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)