• 本

万葉集をつくった男 小説・大伴家持

角川文庫 し43−3

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-04-108499-1
4-04-108499-7
税込価格 821円
頁数・縦 348P 15cm

商品内容

要旨

「歌で魂を鎮めよ」。天賦の才に恵まれた歌人、大伴家持は愛妻の自殺と娘の死に苦しみながらも、父の遺言である万葉集の編纂に乗り出した。柿本人麻呂が残したとされる無名の人々の歌集を捜し、身分の違いを超えた「国書」完成に奔走する家持。だが謀叛人の歌をも集めたことが朝廷の反感を買い、追い詰められていく。霊界の力が残り、血の政争が絶えなかった古代・奈良を舞台に、謎に包まれた大歌人の生涯を描く歴史ロマン小説。

おすすめコメント

『万葉集』をつくり、怨霊を鎮める??。壮大な試みを描く歴史ロマン小説!古来、武をもって朝廷に仕えた大伴氏に、旅人、家持と、2代続けて歌才に恵まれた当主が現れた。愛妻の死、叔母・坂上郎女の支配に苦悩しつつ、家持は生まれながらの使命である『万葉集』編纂に奔走する!

著者紹介

篠〓 紘一 (シノザキ コウイチ)  
1942年、新潟県生まれ。早稲田大学文学部卒。コンピュータソフトのIT企業を経営する傍ら小説家を志し、2000年『日輪の神女』で古代ロマン文学大賞を受賞しデビュー。現代的な解釈で古代史を読み解く古代ロマン小説を執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)