• 本

入り婿侍商い帖 外伝青葉の季節

角川文庫 時−ち6−16

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-04-108170-9
4-04-108170-X
税込価格 748円
頁数・縦 284P 15cm
シリーズ名 入り婿侍商い帖

商品内容

要旨

「剣術試合で勝ち残った者を婿としたい」旗本五月女家の若き当主・善太郎が通う道場で、高弟の旗本から婿募集があった。道場代表に親戚の昌三郎が選ばれたことを喜ぶ善太郎だが、程なくして、なぜか昌三郎の悪評が広がり始め…(「婿入り試合」)。お転婆で勝ち気なお波津、新しい命を授かったお稲、そして武家の主として成長する善太郎―武士の魂を持つ商人・角次郎を見て育った新芽達が活躍する、瑞々しい全3編。

おすすめコメント

その正義感、父親譲り。大人気シリーズの新芽たちが活躍する外伝が登場!善太郎の従兄弟が巻き込まれた“婿入り試合”騒動、お転婆娘のお波津が果敢に立ち向かう祖母孫の危機、札差の女主人として成長するお稲が出会った貧しい武家の兄姉……。人気シリーズ、瑞々しい短編集!

著者紹介

千野 隆司 (チノ タカシ)  
1951年、東京生まれ。國學院大学文学部卒業。90年「夜の道行」で第12回小説推理新人賞を受賞し、以後、時代小説を中心に活躍中。2018年「おれは一万石」「長谷川平蔵人足寄場」シリーズで第7回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)