• 本

人生100年、長すぎるけどどうせなら健康に生きたい。 病気にならない100の方法

光文社新書 1005

出版社名 光文社
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-334-04412-1
4-334-04412-3
税込価格 836円
頁数・縦 199P 18cm

商品内容

要旨

人生一〇〇年時代―テレビや新聞、雑誌でこの単語を見聞きするたびに、「はっきり言って、長すぎるよ!」と思うこと、ありませんか?しかし、二〇〇七年に生まれた子どもの約半数が一〇七歳まで生きるというデータが示すように、すでに「人生一〇〇年」はスタンダードになっています。…長すぎます。でも、死なないのであれば、生きていくしかありません。そして、どうせ生きていくのであれば、病気にならず、好きなことができる程度の健康がほしい。そんなあなたのために、七九歳で後期高齢者の医師・藤田紘一郎先生が、「食事」と「生活習慣」という二つの側面から、今日から取り入れられる一〇〇の健康法をご紹介します。

目次

第1部 食事編―人生100年、長すぎるけど、できることなら健康に食べたい(白い主食を減らす
おいしそうな「焼き色」に気をつける
電子レンジは低いワット数で使う
身体の「糖化度」を血液検査でチェックする
高血圧やがんを引き起こす甘いものをやめる ほか)
第2部 生活習慣編―医者知らずで過ごすために、今日からできること(「よい睡眠」は朝につくられる
食欲のない朝は主食をとらないほうがいい
無理して「朝型生活」を送らなくていい
「幸せだなあ」「なんとかなるさ」で幸せホルモンを増やす
就寝前の二時間はスマホを使わない ほか)

おすすめコメント

藤田紘一郎、1938年生まれ、御年80歳。東京医科歯科大学名誉教授・エッセイストにして寄生虫学の権威、”回虫博士”の異名も持つ元気な老人だ。現在も、講演やシンポジウム、テレビ出演で全国を駆け巡る藤田が、その体力と健康の秘訣を大公開する。「酢キャベツ」「ネバネバ三兄弟を朝食に」「うんこを見よ」「ステーキを食べよ」などの魅力的なキーワードとともに、健康食品いらず、ジムいらず、医者いらずの生活習慣と健康法を案内する。”ケチ”、いや”どケチ”を自認する著者ならではの、コストパフォーマンスのよい、年金世代にとって使える健康本。

著者紹介

藤田 紘一郎 (フジタ コウイチロウ)  
医師・医学博士。1939年、旧満州生まれ。東京医科歯科大学卒。東京大学大学院医学系研究科修了。金沢医科大学教授、長崎大学教授、東京医科歯科大学大学院教授を歴任し、現在は東京医科歯科大学名誉教授。専門は、寄生虫学、熱帯医学、感染免疫学。日本寄生虫学会賞、講談社出版文化賞・科学出版賞、日本文化振興会・社会文化功労賞および国際文化栄誉賞など受賞多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)