• 本

「糖質過剰」症候群 あらゆる病に共通する原因

光文社新書 1007

出版社名 光文社
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-334-04414-5
4-334-04414-X
税込価格 972円
頁数・縦 304P 18cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

肥満や糖尿病は、糖質が原因と認知されつつあるが、その他の多くの疾患も、元をたどれば一つの原因につながる―糖質の過剰摂取である。医療の現場ではまだ少数派の考え方だが、研究成果は世界中で報告され始めている。著者は七千を超える論文を参照しつつ、「糖質過剰症候群」という新しい概念を提唱。裏付けのある形で様々な疾患と糖質過剰摂取との関係を説く。

目次

第1章 糖質過剰摂取の危険性(糖質過剰摂取が人体に及ぼす影響
高血糖の何が悪いのか?
インスリンは味方?敵? ほか)
第2章 様々な病気は糖質過剰症候群の一つの病態である(インスリン抵抗性とは
インスリン抵抗性の原因―仮説1「磯野家仮説」
仮説2「満員電車仮説」 ほか)
第3章 進化から見た人類に適した食事とは(進化の過程で、今ほど糖質を摂取している時代はない
人間は脂質で生きている
脳が脂肪を必要とする ほか)

おすすめコメント

肥満や糖尿病は、いまや糖質が原因と認知されつつある。しかしその他の多くの疾患も、糖質を過剰に摂取したことが原因で起きていることは知られておらず、医療の現場ではまだ少数派の考え方である。著者は5千を超える論文を参考にしながら裏付けのある形で様々な疾患(糖尿病、狭心症、心筋梗塞、脳卒中、がん、アルツハイマー病、うつ病、骨粗しょう症、片頭痛、緑内障、白内障、変形性関節症、五十肩、不妊症、子宮内膜症、皮膚疾患、脱毛症、逆流性食道炎、難聴、パーキンソン病、前立腺肥大、頻尿…等々)と糖質過剰摂取との関係を説く。

著者紹介

清水 泰行 (シミズ ヤスユキ)  
1967年愛知県生まれ。北海道大学医学部卒業。医師。新川新道整形外科病院(札幌市北区)副院長。日本麻酔科学会専門医。ペインクリニック(痛み専門の治療)で運動選手の治療にもあたる。痛みの治療だけでなく、背景にある栄養不足や糖質過剰を指摘し、患者の食事の相談にも積極的に対応している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)