• 本

ファウスト 悲劇 第2部

改版

中公文庫 ケ1−5

出版社名 中央公論新社
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-12-206742-4
4-12-206742-1
税込価格 1,760円
頁数・縦 628P 16cm
シリーズ名 ファウスト

商品内容

要旨

無垢な少女グレートヒェンを悲運のどん底に落とし心身ともに疲れきったファウストは、しかし「最高の生き方をめざして絶えず努力をつづけよう」と決意する。第一部の執筆後、二十年以上の休止を挟み、死の前年に完成に至った壮大な戯曲の第二部。(全二巻)

目次

悲劇第二部
巻末エッセイ(『ファウスト』をめぐって(中村光夫))

おすすめコメント

グレートヒェンを悲運のどん底に落とし心身ともに疲れきったファウストは、しかし「最高の生き方をめざして絶えず努力をつづけよう」と決意する。巨匠ゲーテがその八十年の生涯をかけて、言葉の深長な象徴力を駆使しつつ自然と人生の深奥に迫った不朽の大作の画期的な名訳。

著者紹介

ゲーテ (ゲーテ)   Goethe,Johann Wolfgang
1749‐1832年。ドイツのフランクフルト・アム・マインに生まれる。ドイツを代表する詩人、劇作家、小説家。また、色彩論、動植物形態学、鉱物学などの自然研究にも従事、さらにワイマール公国の宮廷と政治、行政に深く関わる
手塚 富雄 (テズカ トミオ)  
1903(明治36)年宇都宮市生まれ。東京帝国大学文学部独文科を卒業と同時に旧制松本高校教授となる。43年から64年まで東京大学文学部でドイツ近代抒情詩を講義する。東京大学名誉教授。文化功労者。83(昭和58)年没。著書・訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)