• 本

科学がつきとめた「運のいい人」

サンマーク文庫 な−10−1

出版社名 サンマーク出版
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-7631-6111-6
4-7631-6111-3
税込価格 770円
頁数・縦 220P 15cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「運のいい脳」に変えてみませんか?脳科学者が教える、最強の生き方!「運のいい人」とは、どんな人でしょう?経済的に豊かな人、好きなことを仕事にしている人、健康で長生きしている人、愛する人と幸せに暮らしている人…。著者いわく、「運のいい人」には考え方や行動の共通点があるそう。本書では、その共通点について、気鋭の脳科学者である著者が科学的に分析し、脳科学の知見をもとにくわしく解説しています。難しいことは一切なく、お金も時間もかからず、誰でも今すぐ始められる方法ばかり。あなたもこれで「運のいい人」になりましょう。

目次

第1章 運のいい人は世界の中心に自分をすえる(運のいい人はいまの自分を生かす
運のいい人は自分を大切に扱う ほか)
第2章 運のいい人は「自分は運がいい」と決め込む(運のいい人は「自分は運がいい」と思い込む
運のいい人はプラスの自己イメージをもつ ほか)
第3章 運のいい人は他人と「共に生きること」をめざす(運のいい人は他者を思いやる
運のいい人はひとり勝ちしようとしない ほか)
第4章 運のいい人は目標や夢を「自分なりのしあわせのものさし」で決める(運のいい人は具体的な目的をもつ
運のいい人は目的や目標を自分なりの「しあわせのものさし」で測る ほか)
第5章 運のいい人は祈る(運のいい人はポジティブな祈りをする
運のいい人はより多くの人のために祈る ほか)

おすすめコメント

実は「運がいい」人も「運が悪い」人も、遭遇している事象はそれほど変わらない場合が多いようです。しかし、その事象に対するとらえ方、考え方が違う。対処の方法も違う。長い年月を積み重ねれば、おのずと結果は大きく変わってくるのです。(2013年小社刊単行本の文庫化)

著者紹介

中野 信子 (ナカノ ノブコ)  
科学者、医学博士、認知科学者。東日本国際大学教授。1975年生まれ。東京大学工学部応用化学科卒業、同大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。08年から10年まで、フランス国立研究所ニューロスピン(高磁場MRI研究センター)に勤務。脳科学、認知科学の最先端の研究業績を一般向けにわかりやすく紹介することで定評がある。コメンテーターとしてテレビ番組に出演する傍ら、ベストセラーも多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)