• 本

晴れときどき猫背そして、もみじへ

出版社名 ホーム社
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-8342-5328-3
4-8342-5328-7
税込価格 1,512円
頁数・縦 217P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

自然ゆたかな南房総の丘の上、手づくりのログハウス。裏の畑で育てた無農薬野菜を食べ、ときには乗馬を楽しむ。理想の田舎暮らしのなか、唯一の不満は「猫が飼えない」こと。けれど迷い込んだチビ猫をきっかけに、生活はあれよあれよと変わっていき―。あのころの「楽園」をいま振り返る大充実のコメンタリー入り決定版!

目次

『我が家に“真珠”がやって来た!』の巻
『おばんです、こばんです』の巻
『いいオッパイ 悪いオッパイ』の巻
『幸せって何だっけ』の巻
『愛しいけれど不自由』の巻
『さよなら、こばん』の巻
『はじめてのリボン』の巻
『シェイミー様お出迎え』の巻
『恋の季節』の巻
『四匹のエイリアン』の巻
『四季・子ねこ』の巻
『あたりはずれもウンのうち』の巻
『青い目の子馬』の巻
『五匹が限界です』の巻
『歴史はくり返す』の巻
『人生あみだくじ』の巻
『この家、売ります』の巻
『みんなで暮らすために』の巻

おすすめコメント

自然豊かな房総半島の鴨川で田舎暮らしを満喫していた著者だが、唯一の不満は猫が飼えないことだった。ところが、偶然迷い込んできた2匹の猫をきっかけに、気づけば猫5匹、馬、ウサギ、犬、鯉などたくさんの動物たちと暮らすことになっていく。 「我が家に〈真珠〉がやってきた!」の巻/「いいオッパイ 悪いオッパイ」の巻/「青い目の子馬」の巻/「五匹が限界です」の巻/「この家、売ります」の巻……など、おおらかに人と動物たちが寄り添い暮らしていた鴨川時代の日々を、四季の美しい写真とともにつづった傑作エッセイの新装改訂版。

著者紹介

村山 由佳 (ムラヤマ ユカ)  
1964年東京都生まれ。立教大学卒業。93年『天使の卵―エンジェルス・エッグ―』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。2003年『星々の舟』で直木賞を受賞。09年『ダブル・ファンタジー』で中央公論文芸賞、島清恋愛文学賞、柴田錬三郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)