• 本

小説という毒を浴びる 桜庭一樹書評集

出版社名 集英社
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-08-771167-7
4-08-771167-6
税込価格 1,760円
頁数・縦 261P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

少女小説からミステリ、古典から現代のベストセラーまで、本に溺れる愉しさ。約15年分の書評を通して、桜庭一樹の人となりが見えてくる。人気作家との対談や、書き下ろし書評も収録。

目次

解説(『聖少女』
『小指の先の天使』 ほか)
リレー読書日記(日本の“異空間”に足を運んで
不思議な味わいの詩の世界へ ほか)
書評(『むかし僕が死んだ家』
答え、答え、世界の答えはどこだ。 ほか)
対談(道尾秀介×桜庭一樹
冲方丁×桜庭一樹 ほか)

おすすめコメント

読書は本当に自由なもの。思いっきり誤読したっていい。   少女小説からミステリ、古典から現代のベストセラーまで、本に溺れる愉しさ。約15年分の書評を通して、桜庭一樹の人となりが見えてくる。著者初の書評集。 【著者略歴】桜庭一樹( さくらば ・ かずき )1999年「夜空に、満天の星」(『AD2015隔離都市 ロンリネス・ガーディアン』と改題)で第1回ファミ通エンタテインメント大賞に佳作入選。<GOSICK>シリーズ、『推定少女』『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』などが高く評価され、注目を集める。2007年『赤朽葉家の伝説』で第60回日本推理作家協会賞、08年『私の男』で第138回直木賞を受賞。その他の著書に『少女には向かない職業』『荒野』『ばらばら死体の夜』『ほんとうの花を見せにきた』『じごくゆきっ』などがある。

出版社・メーカーコメント

読書は本当に自由なもの。思いっきり誤読したっていい。 少女小説からミステリ、古典から現代のベストセラーまで、本に溺れる愉しさ。約15年分の書評を通して、桜庭一樹の人となりが見えてくる。著者初の書評集。【著者略歴】桜庭一樹( さくらば ・ かずき )1999年「夜空に、満天の星」(『AD2015隔離都市 ロンリネス・ガーディアン』と改題)で第1回ファミ通エンタテインメント大賞に佳作入選。<GOSICK>シリーズ、『推定少女』『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』などが高く評価され、注目を集める。2007年『赤朽葉家の伝説』で第60回日本推理作家協会賞、08年『私の男』で第138回直木賞を受賞。その他の著書に『少女には向かない職業』『荒野』『ばらばら死体の夜』『ほんとうの花を見せにきた』『じごくゆきっ』などがある。

著者紹介

桜庭 一樹 (サクラバ カズキ)  
1999年「夜空に、満天の星」(『AD2015隔離都市 ロンリネス・ガーディアン』と改題)で第一回ファミ通エンタテインメント大賞に佳作入選。“GOSICK”シリーズ、『推定少女』『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』などが高く評価され、注目を集める。2007年『赤朽葉家の伝説』で第六〇回日本推理作家協会賞、08年『私の男』で第一三八回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)