• 本

腎臓病

よくわかる最新医学

出版社名 主婦の友社
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-07-437441-0
4-07-437441-2
税込価格 1,512円
頁数・縦 175P 21cm

商品内容

目次

第1章 腎臓の仕組みと働き
第2章 腎臓病の原因
第3章 慢性腎臓病(CKD)とは
第4章 腎臓病の検査方法
第5章 腎臓病の種類
第6章 腎臓病の治療方法
第7章 透析療法と腎臓移植
第8章 女性・子ども・高齢者の腎臓病
第9章 腎臓病の食事療法

おすすめコメント

いま日本では、腎臓病の人が非常に増えています。とくに慢性腎臓病の人は1300万人もいると考えられているほど多く、高齢になるほど増えていきます。いっぽう、子どもや若い人の腎臓病も多く見られます。腎臓病は自覚症状が少ないため、知らず知らずのうちに悪化してしまいます。症状が進むと、高血圧や心不全を招いたり、尿毒症に進んで、透析を受けなければならなくなったりします。最近の研究により、高血圧、糖尿病、年齢などとの関係がより明らかになってきており、治療の方法も大きく変化してきています。食事療法に粘り強く取り組むことが必要なのも、この病気の特徴。また、運動療法の効果も、注目されています。子ども、高齢者、女性…… それぞれに応じた治療法についても、くわしく紹介します。最新の治療法を分かりやすく解説。食事療法のやり方も具体的に解説し、レシピも紹介します。腎臓病患者とその家族のための必読書です。

著者紹介

川村 哲也 (カワムラ テツヤ)  
東京慈恵会医科大学教授、臨床研修センターセンター長、腎臓・高血圧内科。1979年、東京慈恵会医科大学卒業。1988〜1991年、米国ヴァンダービルト大学小児腎臓科へ留学。2001年東京慈恵会医科大学附属第三病院腎臓・高血圧内科診療部長を経て、2013年より同大学教授。2014年より同大学附属病院臨床研修センターセンター長。医学博士。腎臓病の臨床と研究にたずさわるほか、患者のための「腎臓病教室」を開催するなど腎臓病に関する知識の啓発に努めている
湯浅 愛 (ユアサ アイ)  
東京慈恵会医科大学附属柏病院栄養部課長。管理栄養士。1994年、東京慈恵会医科大学附属病院栄養部に入職。腎臓病、糖尿病を中心に、医師と連携したチーム医療活動を行い、患者が実践できるわかりやすい食事療法をめざして活動の場を広げている。2017年4月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)