• 本

暁天の星

出版社名 PHP研究所
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-569-84291-2
4-569-84291-7
税込価格 1,870円
頁数・縦 266P 20cm

商品内容

要旨

たとえ批判にさらされようとも、外交官・陸奥宗光は上を向いて歩き続けた。著者が最期に、そして初めて「近代」に挑んだ未完の大作。坂本龍馬の姉を描いた短篇「乙女がゆく」を特別収録!

おすすめコメント

葉室麟が最期に「書かねばならない」と挑んだテーマとは。不平等条約の改正に尽力した明治政府の外相・陸奥宗光を描いた未完の大作。

著者紹介

葉室 麟 (ハムロ リン)  
1951年、福岡県北九州市生まれ。西南学院大学卒業後、地方紙記者などを経て、2005年、「乾山晩愁」で歴史文学賞を受賞してデビュー。2007年、『銀漢の賦』で松本清張賞、12年、『蜩ノ記』で直木賞、16年、『鬼神の如く 黒田叛臣伝』で司馬遼太郎賞を受賞。2017年12月23日、逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)