• 本

不知火のほとりで 石牟礼道子終焉記

出版社名 毎日新聞出版
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-620-32586-6
4-620-32586-4
税込価格 1,944円
頁数・縦 233P 20cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

「密着取材」と「渾身介護」で神話的作家の最晩年に寄り添ったジャーナリスト入魂の最新評伝。読売文学賞受賞後第一作。

目次

第1章 二月、道子さんを送る(一輪の花
神に嘉された人 ほか)
第2章 かけがえのない日々(熊本地震
近代百年の痛み ほか)
第3章 道子さんがいない(同伴者たち
サクラの花 ほか)
第4章 記憶の渚(保存会の四年
天上と海底と ほか)

著者紹介

米本 浩二 (ヨネモト コウジ)  
1961年、徳島県生まれ。徳島県庁正職員を経て早稲田大学教育学部英語英文学科卒業。在学中に『早稲田文学』を編集。毎日新聞記者。石牟礼道子資料保存会研究員。著書に『みぞれふる空―脊髄小脳変性症と家族の2000日』(文藝春秋)、『評伝 石牟礼道子―渚に立つひと』(新潮社刊)で第六十九回読売文学賞「評論・伝記賞」を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)