• 本

サイコパスの手帖

出版社名 洋泉社
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-8003-1620-2
4-8003-1620-0
税込価格 1,404円
頁数・縦 271P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

お茶の間を戦慄させた事件から映画までを異色の精神科医と稀代のホラー作家の黄金コンビが徹底放談!人はなぜ狂うのか?サイコパスはなぜ存在するのか?その答えが本書にある!

目次

序章 「多頭飼い」と「嗅覚」
第1章 「甲殻類」と「人食い」、そして「座間9遺体事件」
第2章 精神科医と作家にとっての「トラウマ映画」Part1
第3章 精神科医と作家にとっての「トラウマ映画」Part2
第4章 作家・平山夢明がいちばん怖いもの
第5章 人はなぜ狂うのか
第6章 暴走する狂気
第7章 サイコパスとは何者か

著者紹介

春日 武彦 (カスガ タケヒコ)  
1951年京都府出身。日本医科大学卒。産婦人科医として6年間勤務した後、障害児を産んだ母親のフォローを契機として精神科医に。都立松沢病院精神科部長、都立墨東病院神経科部長などを経て、現在も臨床に携わる
平山 夢明 (ヒラヤマ ユメアキ)  
1961年神奈川県出身。「デルモンテ平山」名義で、数々の映画・ビデオ批評を執筆。1993年、『新「超」怖い話』で本格的な執筆活動を開始。1996年、『SINKER沈むもの』で小説家デビュー。2006年、短編「独白するユニバーサル横メルカトル」で日本推理作家協会賞短編賞、2010年、『ダイナー』で日本冒険小説協会大賞、大藪春彦賞をW受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)