• 本

虚月館殺人事件 翻る虚月館の告解

星海社FICTIONS マ4−02 FGOミステリー

出版社名 星海社
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-06-515707-7
4-06-515707-2
税込価格 1,458円
頁数・縦 238P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

ホテル「虚月館」を舞台に巻き起こる、「ヴァイオレット家」と「ゴールディ家」の波瀾。カルデアのマスター・藤丸立香はその渦中にある人物・リッカと突如として意識が接続してしまう。英霊の姿を纏った「別人」たちが居並ぶこの孤島の館で発生した連続殺人事件の捜査を、立香は世界的名探偵と稀代の犯罪王の助力を元に開始するが―。FGO×本格ミステリー。全FGOプレイヤーを推理の熱狂に叩き込んだ極上の“犯人当て”を、イベントシナリオを手がけた円居挽自らが公式ノベライズ!

出版社・メーカーコメント

FGO×本格ミステリー 孤島の館(クローズド・サークル)の連続殺人犯を正答せよ! ホテル「虚月館」を舞台に巻き起こる、「ヴァイオレット家」と「ゴールディ家」の波瀾。 カルデアのマスター・藤丸立香はその渦中にある人物・リッカと突如として意識が接続してしまう。 英霊の姿を纏った「別人」たちが居並ぶこの孤島の館で発生した連続殺人事件の捜査を、立香は世界的名探偵と稀代の犯罪王の助力を元に開始するが──。 「この『虚月館殺人事件』には興を削ぐような後出しの情報は一切ない。 だから安心して推理して欲しい」 全FGOプレイヤーを推理の熱狂に叩き込んだ極上の“犯人当て”を、イベントシナリオを手がけた円居挽自らが公式ノベライズ!

著者紹介

円居 挽 (マドイ バン)  
1983年、奈良県生まれ。京都大学卒業。京都大学推理小説研究会に所属し、2009年に『丸太町ルヴォワール』で講談社BOXよりデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)